効率的に学力アップ!評判がいい家庭教師に依頼する

女生徒
  1. ホーム
  2. 論理的に書きましょう

論理的に書きましょう

作文用紙

論理的なことが大切です

受験する学校によって、小論文が出題されることがあります。ほかの科目の問題には必ず正解と不正解がありますが、小論文における正解はいったいどのようなものなのでしょう。実は、一部の倫理的にありえない解答を除き、小論文では不正解がありません。ある問題提起に対して賛成か反対かを問うような問題の場合、賛成と答えた、あるいは反対と答えたからといって減点されることは基本的にないのです。ではどこで点数がつくかというと、自分の意見を補強する理論なのです。賛成であれ反対であれ、強力な裏付けとなる理屈をつけて論じれば高得点を目指せます。強力な裏付けというのは、抜けのない論理展開です。そうはいても、なかなか小論文を書く機会というものはありません。専門の学習塾に通っていれば多少の指導を受けられることはありますが、多くの人にとって小論文を練習する機会はめったにありません。しかし、最近の教育では生徒主体の教育が重視されており、そのカリキュラムの一環としてディベートを取り入れているところがあります。ディベートとは、ある課題に対して賛成または反対の立場を決めて、自分の意見を有利にするための裏付けをしていくゲームです。ディベートでは賛成派と反対派、どちらの陣営により説得力があったかを評価して勝敗を決めます。もしディベートをやったことがあれば、そこでの手法が小論文に生かされます。ディベートも小論文も、自分の意見を表明し、それを補強する理由を挙げていくという点で共通しているからです。つまり、よい小論文を作るためには、ディベート力を磨くのが最も適した方法です。